ベラジョンカジノで勝てないときに考えるべき原因と改善点を解説!

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノをプレイするたびに負けが続くと「自分には運がないから……」とあきらめてはいませんか?たしかにオンラインカジノで勝つためにはある程度の運が必要かもしれません。しかし、運以外にもギャンブルで勝つために大切なことはたくさんあります。運を自分でコントロールするのが難しくても、考え方やプレイスタイルは心がけ次第で変えることができます。

そこで、この記事ではベラジョンカジノで勝てないときに考えられる原因やプレイスタイルなどの改善点についてご紹介します。ぜひ当記事を参考にしてベラジョンカジノで勝利を掴み取りましょう!

ベラジョンカジノで勝てない3つの原因

乱雑に積まれたチップ

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノはギャンブルのひとつなので、勝つ人もいれば負けてしまう人も存在します。オンラインカジノで遊ぶからには、ただ楽しむだけではなく勝って一儲けしたいところです。いつも負けてしまうという人は、「なぜ自分は負けるのか?」と原因を考えることが勝ち組になる最初の一歩となります。

ここでは、ベラジョンカジノで勝てないときに考えられる3つの原因についてご紹介します。

ギャンブルは基本的に胴元が勝つようにできている

前提として、「ギャンブルは基本的に胴元が勝ちやすいようにできている」ということを強く認識しておく必要があります。この事実はオンラインカジノだけではなく、どのギャンブルにも当てはまります。すべてのギャンブルにはプライヤーに還元する割合を表すRTP(還元率)が設定されており、どのギャンブルでもRTPの数値は100%未満です。

たとえばRTPが90%のギャンブルの場合、プレイヤーが投資した金額の10%が胴元の取り分となり、これをハウスエッジと呼びます。このハウスエッジによってカジノ側は年間で莫大な利益を上げており、RTPが100%未満である限り胴元が最終的に利益を得ることになります。したがって、ギャンブルに投資した金額を100%以上回収することは数学的に不可能なのです。この前提条件がある以上、プレイヤーがギャンブルで勝てないことは数学的に当然のことだといえるかもしれません。

同じベット額で長時間プレイしている

同じベット額で長時間プレイするのは、ギャンブルにおいて最も良くないことだと言われています。なぜなら、同じベット額で長時間プレイするほど設定されたRTPの数値に近づいていくからです。RTPはゲーム数を重ねるほど計算した理論値に収束し、ベット額を固定するほど理論値との誤差は少なくなります。

RTPの呪縛から逃れるためには、できるだけ短期決戦でベット額を変動させてプレイしましょう。そして、収支がプラスに上振れした段階でスッと勝ち逃げするのが効果的です。

バンクロールの管理が甘い

バンクロールとは「自分の手元にある資金」のことを表し、資金の収支をしっかりと管理することをバンクロール管理といいます。バンクロールはおもにポーカーで使われる用語で、勝率や期待値などを計算して「手元の資金のいくらまでをベッドするのが適切なのか」を管理します。同様にオンラインカジノでも自分の資金に対してベット額を調整する必要があり、手元の資金が少なくなっているのにも係らず高額ベットを続けるというのは適切なバンクロール管理だといえません。

たとえば今手元に資金が$500あると仮定すると、ブラックジャックやバカラでは最大ベット額は5$(100分の1)まで、スロットでは$1(500分の1)までが無難な上限ラインでしょう。そして、これ以上のベット額でプレイしないと自分の中でルールを決めます。このように、バンクロールの管理によって最大ベット額を決めておくと、突発的な高額ベットによって急に破産してしまう可能性は低くなります。

ベラジョンカジノで勝つために意識したい3つの改善点

ギャンブルで勝つ人のイメージ

ベラジョンカジノで勝てずに負けてしまうのは、運だけではなく考え方やプレイスタイルも原因として考えられます。オンラインカジノでの勝率を上げるためには、ギャンブルで勝つために必要な考え方やプレイスタイルに改善していくことが大切です。

ここでは、ベラジョンカジノで勝つために意識したい4つの改善点についてご紹介します。

精神的プレッシャーを感じる資金でプレイしない

カジノゲームを冷静にプレイするためには、精神的プレッシャーを感じる資金でプレイしないことが大切です。生活資金や支払い資金などをギャンブルに充てると、「負けられない」「勝たなければいけない」」というように自分にかかるプレッシャーが強くなります。不利な状況で精神的プレッシャーを感じると正常に判断する能力が鈍ってしまい、無茶なベットをしがちです。

オンラインカジノはギャンブルですが、資金の余りで遊ぶ分には立派な娯楽のひとつです。自分で自分を追い込まないためにも、必要資金を使ってプレイするのは絶対にやめましょう!

長時間同じベット額でプレイしない

RTPの数値に誤差を生み出すためには、タイミングを見計ってベット額を上下させることが有効です。同じベット額でズルズルとプレイを続けると、100%未満のRTPに収束していって負けへとつながります。プレイヤーがギャンブルで勝つ黄金パターンは、「負けるときには小さく、勝てるときには大きくベットする」ことです。これができれば、基本的にギャンブルで負けることはなくなるでしょう。

ただし、勝てるタイミングを見計らうことはとても難しく、百発百中で当てられる方法は現実的に存在しません。巷ではオカルトじみた戦略を見かけることもあるので、盲信して深入りしすぎないように注意しましょう。

やめ時のルールを徹底する

ギャンブルでのやめ時を定めておくことはバンクロール管理において非常に大切です。プロギャンブラーと呼ばれる人のほとんどがやめ時のルールを定めており、そのルールを厳格に守っています。やめ時のルールとしては、「資金の20%以上を失ったらベットをやめる」「資金の15%以上の利益が出たらゲームを降りる」などが有効でしょう。また、「プレイ時間を1時間までに設定する」といったルール決めも効果的かと思います。

ギャンブルでは、やめるタイミングを見誤ることで勝利金がすべてなくなったり、資金が底をついてしまったりといった結果になることが多々あります。そして、負け込んだときは熱くならずに一度冷静さを取り戻すことも非常に大切です。やめ時のルールを定めてそれを徹底することで、大きな損失を被る前に感情が介入することなくゲームを降りることができるでしょう。

こまめに出金する

ギャンブルで勝利するためには、獲得した利益をこまめに出金することを強くおすすめします。なぜなら、本当の利益は出金して初めて得られるからです。出金が成功した時点で利益が確定します。オンラインカジノの残高に残したままだと、「もっと増やせるのではないか」といった欲が出て無駄に使ってしまいがちです。ある程度の利益が出たらゲームプレイをやめて出金処理を進めるようにしましょう。

また、出金した資金を再び入金することで入金ボーナスやフリースピンなどを新しく受け取れる場合もあります。適切なタイミングで出金を行って、再び入金するかどうか冷静に判断する方が賢明かと思います。

まとめ

この記事ではベラジョンカジノで勝てないときに考えられる原因と改善点についてご紹介しました。ギャンブルは基本的に胴元が有利に設定されているので、ただ何となくプレイしていると勝率は低くなってしまいます。バンクロールの管理やベット額の調整などプレイヤーの工夫次第で、オンラインカジノでの勝利をグッと近くに引き寄せることができます。ぜひ当記事を参考にベット額やプレイスタイルを改めて見直してみて、オンラインカジノの勝ち組に仲間入りしましょう!